ミルトスの木かげで

シカゴ在住のキリスト教書翻訳者中村佐知(はちこ)のブログです。

タグ:quote

 今、『死別の悲しみを超えて』(若林一美 著)という、我が子を失った人たちの声を集めて、死別の悲しみからの回復について考察し、生きる意味を探っている本を、少しずつゆっくり読んでいる。(Mさん、ありがとう。)  今日は、その中からちょっとだけ引用。 死別は恥 ...

I believe that God prays in us and through us, whether we are praying or not (and whether we believe in God or not). So, any prayer on my part is a conscious response to what God is already doing in my life.(神は、私たちの中で、また私たちを通して、祈ら ...

しばらく前の、リチャード・ローアのDaily Meditationより。とても心に留まった箇所なので、しばらく思いを巡らすためにメモ。Finley describes God as “the infinity of the unforeseeable; so we know that [the unforeseeable] is trustworthy, because in everything, G ...

 N.T. ライトの "Surprised by Hope" の第11章 「煉獄、パラダイス、地獄」の最後の段落より。 しかしこの議論の最後で、また本書のこの箇所で、最も重要なこととして私が述べたいのは、「天国行きか地獄行きか」がキリスト教の中核ではないということだ。これはキリス ...

It is as if God says to me;  Your radiance cannot be hidden by your mistakes or by any external situation you may be experiencing.Your life is hedden with me.Rejoice a little today in this knowledge.My love changes everything. (Peter Traben Haas) それ ...

"Trust God, even when you don’t know what you believe. Even when all before you is absurd."「神を信頼せよ。たとえ自分が何を信じているのかわからなくても。 たとえ自分の前にあるものがすべてばかげているとしても」(Pete Enns  "The Sin of Certainty") (大 ...

 ロバート・マルホーランド「Shaped by the Word --The Power of Scripture in Spirtual Formation」より。 純粋な霊的形成とは、私たちの文化によってネガティブな方向へとなされた霊的形成を、反対方向へ大きく逆転させるものである。それは私たちの役割を、この世の物事 ...

ここ数日、ある友人と神観についてやり取りをしていたら、私が受講しているクラスで読むように言われている文献の中に"Healing Our Image of God and Ourselves" (By Brennan Manning)というのがあることに気づいた。それほど長くないし、マニングのメッセージのトランスクリ ...

よく整えられた心を持つ人は、人生に対する備えができており、何が起きても適切な良い応答ができます。彼らの意志は本来の役割を果たし、良いことを選び、悪しきことを避けます。そして他の構成要素もその目的のために協調します。彼らは必ずしも「完全」ではあ ...

 最近読んだ本より。 The purpose of prayer is (a) to recognize God's presence, (b) to be transformed through surrendering to God's lordship and (c) to experience union with God. The trick, then, is not to get God to answer me durin ...

 Facebookで、C.S.ルイスの"A Grief Observed"(悲しみを見つめて)からの引用を見た。私はこの本を、10年くらい前に映画『Shadowlands』を観たあとで読んだのだけれど、最愛の妻を失った後のルイスの苦しみがあまりにも生々しく綴られていて、短い本なのになかなか読 ...

Our souls expand by asking courageous questions with willingness to hold the tension of living these questions rather than demanding answers. Good questions always bring us up against the mysteries of life. Holding the tension of this liminal spac ...

魂をもてなすとは、安全さを差し出すことでもあります。この人は安全な人だと信頼しきって、自分の言葉を選んだり、心にある思いの善し悪しを考慮することなしに、正直に、ありのままの自分をさらけ出しても大丈夫だと感じられるとしたらどうでしょうか。この人は、 ...

Apart from the softening influence of surrender, an ego-centred life will inevitably become increasingly rigid and brittle. It will also inevitably lead to a crisis. This crisis, and the realignment of life that the crisis invites, is ultimately a ...

 お友達がシェアしてくれたトーマス・マートンの祈り。これは保存しておかなくては!   MY LORD GOD, I have no idea where I am going. I do not see the road ahead of me. I cannot know for certain where it will end. Nor do I really know myself, an ...

↑このページのトップヘ