ミルトスの木かげで

シカゴ在住のキリスト教書翻訳者中村佐知(はちこ)のブログです。

タグ:NTライト

 N.T. ライトの "Surprised by Hope" の第11章 「煉獄、パラダイス、地獄」の最後の段落より。 しかしこの議論の最後で、また本書のこの箇所で、最も重要なこととして私が述べたいのは、「天国行きか地獄行きか」がキリスト教の中核ではないということだ。これはキリス ...

死よ、思い上がるな。なるほど、或る人たちは、 お前は強くて恐ろしいと言っている。だが、そうではないのだ。 何故なら、お前が打ち倒したつもりの人々は、誰一人も、哀れな死よ、 死なないのだ。お前は、この私も殺せない。 休息と睡眠はお前の似姿に過ぎないが、多くの楽 ...

 現在、日本語で『クリスチャンであるとは』を読んでいます。まだ3章ですので、関心のある方(&Facebookにアカウントのある方)は、お気軽にご参加ください。(クローズドのグループなので、メンバーにならないと、ディスカッションを読むことはできません。) ...

 Facebookのあめんどうさんのページで、NTライトの『クリスチャンであるとは』の推薦文が公開されています。  神学者さんや牧師さんの間にまざって、信徒からの声も、ということで、私も推薦の言葉を寄せさせていただいたのですが、現在、推薦文が公開されているの ...

 ついに出版されました。このブログでもさんざん騒いできた(?)N.T.ライトの般向けキリスト教書の初の邦訳です!  足掛け3年のプロジェクトで、私も最初から関わらせていただきましたが、ついに出版されて感無量です。私のブログをこれまで読んできてくださ ...

  4月号のChristianity Today誌のカバーストーリーがN.T.ライトだった。 Surprised by N.T. Wright (このリンクは、購読している人でないと全文読めないのですが…)    ライトは著作の数が非常に多く、次から次へと新刊が出てくる。重厚 ...

前回の記事の続きです。 4.現代の正義に関する問題  何年にも渡り、私が関心を寄せてきたことの一つに、グローバル経済に関する正義の問題があります。先進国にいる多くの人々は、経済に大きな問題があると言われると、驚くようです。世界経済は漫然と続き、確か ...

 カリフォルニアでもたれたJustice Conference 2014での、N.T.ライトのメッセージのビデオです。  試しに、前半を日本語に訳してみました。長いですが… (18:21あたりまでです。)後半は、また後日。  読みやすくするために改行を適宜入れてい ...

If theology matters, then it has to be local.  今朝見かけた言葉。N.T.ライトが、新刊"Paul and the Faithfulness of God"の中で言っていたらしい。この本は2000ページほどにわたる大著なのだけれど、ピレモンの手紙から始まっているのだそうだ。その ...

 人生って、わからないものだな、と。  5年前の私は、今の状況を予想だにもしていなかった。私の生活のいろんなレベルで、外から見るとまったく無関係に思えるさまざまな事柄が同時進行でどんどん動いていき、正直言って、何これ、ただのカオスじゃん?みたいな感 ...

 現在、フェイスブック上のN.T.ライト読書会では、Surprised by Hopeを読んでいるのですが、最近、N.T.ライト読書会ブログが始まりました。今日はそのブログより、再新記事をご紹介します。 創造された天(国)  「天国とは、人が死んだあとに行く、地 ...

 今年のレントは、今週の水曜日からですね。去年も書きましたが、以前の私はあまり、そういった「教会歴」にこだわらない人でしたが(こだわらない教会で育ったので)、最近は、もう少し注意を払ってもいいかも、と思うようになりました。  それで、今年のレントは ...

 シンフォニーを聴くように、聖書の壮大な流れに身を置くようにして、読む… 数章ずつ、数節ずつなどのように区切って読むのでなく、一つの福音書、一つの書簡、一つの預言書というように、大きなかたまりで一気に読む。細部まで理解しようとしたり覚えようとする ...

 火曜日のシカゴ大学での講演に続き、夕べは、ヒルトンシカゴでもたれた、何というのでしょうねあれは、まぁ、講演会のようなものに行ってきました。ちょうど今週末、シカゴで大きな聖書学会(Society of Biblical Literature)がもたれていて、それでN.T. Wrightもシカ ...

 夕べは、シカゴ大学でもたれたN.T.ライトの講演会へ行ってきました。 Western culture has been shaped by many forces, resulting in unquestioned assumptions about everything from academic life to public policy. Often the Bible has been squeezed ...

↑このページのトップヘ