ミルトスの木かげで

シカゴ在住のキリスト教書翻訳者中村佐知(はちこ)のブログです。

タグ:MaryOliver

昨日ちょっと言及したメアリー・オリバーの「シンガポール」。翻訳に挫折したと思っていたら、いつの間にか訳していたのを見つけたので、載せてみます。シンガポールシンガポールの空港で目から闇が剥がされた。女性トイレで、個室のドアが開いていた女性がそこにひざまづき ...

善人でなくてもいい。ひざまずいて、悔い改めながら砂漠を歩き続けなくてもいい。あなたの中の柔らかな生き物が愛したいものを愛させてあげればいい。あなたの絶望について聞かせて。あなたの話を。私のことも話すから。そのあいだにも、世界は回り続ける。そのあいだにも、 ...

“Mysteries, Yes” by Mary Oliver Truly, we live with mysteries too marvelous to be understood. How grass can be nourishing in the mouths of the lambs. How rivers and stones are forever in allegiance with gravity while we ourselves dream of rising. How ...

すると、イエスが彼女たちに出会って、「おはよう」と言われた。彼女たちは近寄って御足を抱いてイエスを拝んだ。(マタイによる福音書28章9節)こんにちは、私の顔を照らす太陽こんにちは、朝をつくりそれを野原全体にチューリップの花の中にうなずく朝顔にーーそしてみ ...

↑このページのトップヘ