ミルトスの木かげで

シカゴ在住のキリスト教書翻訳者中村佐知(はちこ)のブログです。

タグ:魂の暗夜

 先日少しだけ引用した十字架のヨハネによる「魂の暗夜」という詩、気になったので全文を調べてみた。もともとスペイン語で書かれたものなので、英訳にもいくつかのバージョンがあり、複数のものを照らし合わせつつ、自分なりに日本語に訳してみた。魂の暗夜 8つのスタン ...

 昨日の午後、二階の廊下のカーペットをスチームクリーニングしていたら、突然、抑えていたものが噴き出すように、心の奥から湧き上がってくるものがあり、私の現在の苦しい心境を吐き出すようにして神様に向かって訴えた。大声で。 神様は無言だった。 いつもならこんな ...

 1ヶ月間の日本滞在から、昨日無事に帰ってきた。とても祝された旅だった。それについては、また後日改めて書くとして、今日はちょっと、思うところがあり、以前書いた「魂の暗夜」に関するものを再掲する。 ===== 2014年12月30日のポストより ...

 昨日のスピリチュアル・ディレクションでは、Centering prayer とWelcoming prayerに関する話をした。その中で私のディレクターが言っていたことのメモ。トーマス・キーティングの言葉。(画像は別の人です。)  Centering Prayer is a method designed to fac ...

 しばらく前にも書いたけれど、ジェラルド・メイというクリスチャン精神科医が書いた「The Dark Night of the Soul」という本を読んだ。これは、十字架のヨハネの『暗夜』という有名な著作を、現代人に分かりやすく説明したもの。ヨハネが書いたほうのものは読んだこと ...

 今年もあっという間に過ぎてしまった気がするけれど、振り返ってみると、随分いろいろなことがあった。1月末には次女と息子を連れて義母のお見舞いに。子どもたち全員を連れていくことはできなかったけれど、二人だけでも行くことができて本当に良かった。  ある日 ...

 2005年に、クリスティアニティ・トゥデイ誌に掲載された、チャック・コルソンの、「My Soul's Dark Night: The best of evangelicalism didn't prepare me for this struggle」という記事の翻訳を公開します。ずっと前に、友人たちと翻訳の練習と称して訳したもの ...

 思うところあり、ちょうど1年前(2011年2月27日)の記事を再掲します。 =======  金曜日の晩と土曜日の一日、うちの教会で持たれたRenovation of the Heartリトリートに行ってきた。名前が示すとおり、ダラス・ウィラードの「Renovation of the ...

 金曜日の晩と土曜日の一日、うちの教会で持たれたRenovation of the Heartリトリートに行ってきた。名前が示すとおり、ダラス・ウィラードの「Renovation of the Heart(邦訳:「心の刷新を求めて」あめんどう)」という本をベースにしたもの。このリトリートに行くの ...

 メールで配信されている上沼昌雄先生の神学モノローグが届いた。タイトルは「魂の闇夜」。私が最近考えていること、通らされていることに通じるものがある気がしたので、先生の許可のもと、ここに転載させていただきます。(文中のリンクと下線を加えたのは私です。) ...

↑このページのトップヘ