ミルトスの木かげで

シカゴ在住のキリスト教書翻訳者中村佐知(はちこ)のブログです。

タグ:詩

 先日少しだけ引用した十字架のヨハネによる「魂の暗夜」という詩、気になったので全文を調べてみた。もともとスペイン語で書かれたものなので、英訳にもいくつかのバージョンがあり、複数のものを照らし合わせつつ、自分なりに日本語に訳してみた。魂の暗夜 8つのスタン ...

すると、イエスが彼女たちに出会って、「おはよう」と言われた。彼女たちは近寄って御足を抱いてイエスを拝んだ。(マタイによる福音書28章9節)こんにちは、私の顔を照らす太陽こんにちは、朝をつくりそれを野原全体にチューリップの花の中にうなずく朝顔にーーそしてみ ...

お友達のSちゃんが、宮沢賢治が妹の死に際して書いた詩をシェアしてくれました。切ない詩なのですが、不思議と慰められます。 けふのうちにとほくへいってしまふわたくしのいもうとよみぞれがふっておもてはへんにあかるいのだ(あめゆじゅとてちてけんじゃ)うすあかくいっ ...

Summer Thank you, Lord, for this season of sun and slow motion, of games and porch sitting, of picnics and light green fireflies on heavy purple evenings; and praise for slight breezes. It's good, God, as the first long ...

 イスラエル在住のアラブ系クリスチャンのグループによるサイト、Come and Seeから。(こちら) By Rev. Dr. Yohanna Katanacho This is a season of weeping and mourning,                   but it is not void of hope. Our tears are the brid ...

As kingfishers catch fire, dragonflies draw flame; As tumbled over rim in roundy wells Stones ring; like each tucked string tells, each hung bell's Bow swung finds tongue to fling out broad its name; Each mortal thing does one thing an ...

 LOVE (III) by George Herbert  今日読んでいた本("The Good And Beautiful God") に出てきた詩。感動したので、訳してみました。 「愛」 "愛"が私をあたたかく招き入れてくださったのに、私の魂はしりぞいた。   ちりと罪にまみれていたか ...

↑このページのトップヘ