ミルトスの木かげで

シカゴ在住のキリスト教書翻訳者中村佐知(はちこ)のブログです。

タグ:観想

 今日は、JCFN25周年感謝のホノルルカンファレンス(略してホノコン16)でお話させていただたメッセージ原稿をお分かちします。このメッセージは、2日前に掲載した証とペアで語ったものです。まず証をさせていただいたあと、続けてこのメッセージを語らせていただきまし ...

 今日は、5月末にシカゴで持たれたJCFNセントラルカンファレンス(CC)、そして7月上旬のJCFN25周年記念ホノルルカンファレンスでお話しさせていただいた証に多少言い回しなどの修正を加えたものを、お分かちさせていただきます。***** ここにおられる方々のほと ...

昨年英語でメモしたものを、日本語に訳して記録しておきます。祈りの目的とは、(a) 神の臨在を識別すること、(b) 主である神のご支配に自らを明け渡すことでトランスフォームされること、そして(c) 神とひとつにされることを経験すること。そこで、鍵となるのは、祈っている ...

 昨日は、月に一度のスピリチュアル・ディレクションの日だった。 当然のことながら、みんが召されてからの私がどんな道をたどっているのかについて話した。5月末のシカゴのセントラルカンファレンスで証をしたこと。また先日は南カリフォルニアでの女性集会でメッセージ ...

 気がつくともう6月。 しばらく頻繁に更新していたのに、急にぷっつり更新が途切れて、心配してくださっていた方もおられるかもしれない。 大丈夫です。元気にしています。  急に更新できなくなったのは、みんの召天以来、どちらかというと内向きになっていたのが、よ ...

 最近読んだ本より。 The purpose of prayer is (a) to recognize God's presence, (b) to be transformed through surrendering to God's lordship and (c) to experience union with God. The trick, then, is not to get God to answer me durin ...

 今朝は朝8時から大学でオリエンテーションがあった。でも、ボストンの地下鉄のシステムに慣れていないため、ちょっと手まどい、5分ほど遅刻。  ボストンの地下鉄は(全ての路線か分からないけど)、ダウンタウンでは地下鉄なのに、途中から路面電車になる。車両 ...

 昨日のスピリチュアル・ディレクションでは、Centering prayer とWelcoming prayerに関する話をした。その中で私のディレクターが言っていたことのメモ。トーマス・キーティングの言葉。(画像は別の人です。)  Centering Prayer is a method designed to fac ...

 私の朝の日課。  ロウソクに火を灯す。ロウソクの上には水を張った小さなお皿があり、そこにラベンダーかフランキンセンス(乳香)のエッセンシャルオイルをたらす。ロウソクの灯は、聖霊がここにおられることの象徴。  それから深呼吸をして、10分間の観想 ...

 9月から始まったスピリチュアル・ディレクションの講座は私の中で、そして私の家族にとっても、大きな祝福となっている。課題図書が多くて、だいたい一ヶ月2冊のペースで読まなくてはならないので、結構大変なのだけれど(ほかにも読みたいものがたくさんあるし)、 ...

 レクツィオ・ディビナについて、ブログにもう書いたかなと思ったら、あまり詳しく書いていなかったことに気づいたので、書き留めておきます。  今日は、私がシカゴで行なっているバイブル・スタディに、レクツィオ・ディビナを取り入れてみました。今日の学びの箇 ...

 先日ある本を読んでいたら、リチャード・フォスターの次のような文章があった。   Reflect on the ways that good people are often rejected and persecuted. Hold the mystery of this in your heart and pray through it, without attempting to undesta ...

 この週末、古い翡翠のネックレスをほどいて、Anglican Prayer Beadsというものを作ってみた。アングリカン・ロザリー(ロザリオ)とも呼ばれる。イギリス国教会の祭司たちが1980年代に使い始めたものだそうで、歴史は浅い。(似たようなもので、東方正教会が使うPr ...

 先日のTTH(スピリチュアル・ディレクション講座)からのメモです。  衝動的な生き方から、観想的な生き方へ(Movement from Compulsion to Contemplation) ●何かに駆り立てられるような生き方から、結果にとらわれない、柔軟な生き方へ ●現実を狭い視野で見る生き方 ...

 昨日は、月に一度のSpiritual directionのセッションの日でした。当初は1時間ということだったのに、結局、毎回1時間半くらい話しています。先月のセッションのあと、ぼぼるパパに、「今日は何を話したの?」と聞かれ、私が怒濤のように、「これとあれとそれと…」と ...

↑このページのトップヘ