ミルトスの木かげで

シカゴ在住のキリスト教書翻訳者中村佐知(はちこ)のブログです。

タグ:レント

 以前もご紹介した、山崎ランサム和彦先生のブログです。レントに関する分かりやすい記事を書いておられたので、再びご紹介します。 荒野の40日  この記事の中で「40は試練の数」とありました。昨日ご紹介したレントに関する動画でも、この40と ...

 今年のレントは18日(灰の水曜日)から始まります。  実は、去年の暮れくらいから、しばらくFacebookを休もうかなぁと思っていたのですが、新しい出会いがあったり、ライト読書会も新しい本に入ることになったりして、機を逸してしまっていました。でも、やっぱ ...

 今日は、うちの教会の霊的形成パスターの奥さんのホリーと、うちの教会でインターンをしている若者イレーナが我が家に来て、ランチを共にした。『The Prophetic Imagination(邦題:預言者の想像力)』『Living Gently in a Violent World』(ハワーワス&バニエ)、『 ...

 1年前だったか、神様ってほんとにすごいお方だなぁと思うことを目撃した。  ある友人が、自分の中のある罪で苦しんでいて、その相談を受けた。その人はとても葛藤していて、一緒に祈っていたのだけれど、その最中に、神様はその人にびっくりするような祝福をお与 ...

 今年のレントは、今週の水曜日からですね。去年も書きましたが、以前の私はあまり、そういった「教会歴」にこだわらない人でしたが(こだわらない教会で育ったので)、最近は、もう少し注意を払ってもいいかも、と思うようになりました。  それで、今年のレントは ...

 レントとは、灰の水曜日(Ash Wednesday)から復活祭前日までの40日間のことで、復活祭に至るまでの間、カトリック教会などではイエス様の受難を思いつつ、自らも特定の食物や活動などを節制する慣習がある。私自身は、レントのそういった節制の慣習に従ったことはなか ...

↑このページのトップヘ