ミルトスの木かげで

シカゴ在住のキリスト教書翻訳者中村佐知(はちこ)のブログです。

カテゴリ:教会暦

ちょうどこの日、ふたりの弟子が、エルサレムから十一キロメートル余り離れたエマオという村に行く途中であった。そして、ふたりでこのいっさいの出来事について話し合っていた。話し合ったり、論じ合ったりしているうちに、イエスご自身が近づいて、彼らとともに道を歩いて ...

(スミレ。勝手に生えてきた雑草だけど、可愛い)その日、すなわち週の初めの日の夕方のことであった。弟子たちがいた所では、ユダヤ人を恐れて戸がしめてあったが、イエスが来られ、彼らの中に立って言われた。「平安があなたがたにあるように。」こう言ってイエスは、その ...

さて、週の初めの日に、マグダラのマリヤは、朝早くまだ暗いうちに墓に来た。そして、墓から石が取りのけてあるのを見た。それで、走って、シモン・ペテロと、イエスが愛された、もうひとりの弟子とのところに来て、言った。「だれかが墓から主を取って行きました。主をどこ ...

(カラヴァッジョ 「キリストの埋葬」)そのあとで、イエスの弟子ではあったがユダヤ人を恐れてそのことを隠していたアリマタヤのヨセフが、イエスのからだを取りかたづけたいとピラトに願った。それで、ピラトは許可を与えた。そこで彼は来て、イエスのからだを取り降ろし ...

ヨハネによる福音書18章1節から19章42節まで見よ。わたしのしもべは栄える。彼は高められ、上げられ、非常に高くなる。多くの者があなたを見て驚いたように、――その顔だちは、そこなわれて人のようではなく、その姿も人の子らとは違っていた――そのように、彼は多 ...

 さて、過越の祭りの前に、この世を去って父のみもとに行くべき自分の時が来たことを知られたので、世にいる自分のものを愛されたイエスは、その愛を残るところなく示された。夕食の間のことであった。悪魔はすでにシモンの子イスカリオテ・ユダの心に、イエスを売ろうとす ...

(レンテンローズ) イエスは、これらのことを話されたとき、霊の激動を感じ、あかしして言われた。「まことに、まことに、あなたがたに告げます。あなたがたのうちのひとりが、わたしを裏切ります。」弟子たちは、だれのことを言われたのか、わからずに当惑して、互いに顔 ...

さて、祭りのとき礼拝のために上って来た人々の中に、ギリシヤ人が幾人かいた。この人たちがガリラヤのベツサイダの人であるピリポのところに来て、「先生。イエスにお目にかかりたいのですが」と言って頼んだ。ピリポは行ってアンデレに話し、アンデレとピリポとは行って、 ...

 昨日は「棕櫚の日曜日」でした。 そして今週はHoly Weekです。 昨年私が暗闇と痛みの中にいたとき、イエス様が私からかたときも離れることがなく、ずっと付き添っていてくださったように、私も今週はイエス様の十字架の道行きを覚えて特にイエス様の近くにいたいと思いま ...

 今日は灰の水曜日。額に灰を塗って祈ってもらいたくて、今朝、夫と二人で近所のカトリック教会のミサに出席してきた。 メッセージの中で、40日間のレント(四旬節)のあとは、イースターが50日間続き、それからペンテコステ(五旬節)が来る、と言及されていて、そう ...

 今日は、公現祭(the Feast of the Epiphany)に行われるという、Chalking the Doorsと呼ばれる家庭を祝福する習慣について学んだので、書き留めておく。 ドアの上などに、チョークで 「20+C+ M+ B+17 」と書いて、2000年前に星が三人の博士たちをキリスト ...

 Happy Christian New Year! 今日からキリスト教暦の新年が始まりますね。聖書日課(Lectionary)もYear Aになります。 アドベントリースを出してきて、食事の前に三人で祈りました。(ケンは祈っている間の貧乏ゆすりがひどかったけど… どうも落ち着きがない。汗) 去 ...

(Today's blog is adopted from Seedbed The Daily Text by JD Walt. Translated and posted by permission of the author. Thank you, JD!!)「あなたはちりだから、ちりに帰らなければならない。」(創世記3:19b)再び「灰の水曜日」がやってきた。それは、私たちが ...

 ちょっと今更だけど、1月6日は公現祭(顕現日・エピファニー)だった。12日間のクリスマス(Christmastide)が終わって、クリスマスの飾り付けを片付ける日、のように思われているかもしれないけれど、エピファニーとは“manifestation” とか “showing forth” とい ...

今日からアドベントです。カレンダーも新しくなりました。これは教会暦に沿ったカレンダーです。二年前から愛用しています。 「この教会暦カレンダーは、クリスチャンが「塩気のある人」となり、この世にあって忠実に生きることを奨励するものです。一般のカレンダーは、ロ ...

↑このページのトップヘ