ミルトスの木かげで

シカゴ在住のキリスト教書翻訳者中村佐知(はちこ)のブログです。

カテゴリ:Quotes

 お友達がシェアしてくれたトーマス・マートンの祈り。これは保存しておかなくては!   MY LORD GOD, I have no idea where I am going. I do not see the road ahead of me. I cannot know for certain where it will end. Nor do I really know myself, an ...

               ***** 魂をもてなすとは、安全さを差し出すことでもあります。この人は安全な人だと信頼しきって、自分の言葉を選んだり、心にある思いの善し悪しを考慮することなしに、正直に、ありのままの自分をさらけ出しても大丈夫だと感じ ...

 続きです。今回が最終回です。第三部より。(ちなみに、この目次の日本語訳は、あめんどうさんから出ている邦訳版からのものです。) [III]導くことから、導かれることへ (From leading to being led)  誘惑―権力を求めること(Be Powerful)  チャレ ...

 前回の続きです。第二部より。 [II]人気を求めることから、仕えることへ (From popularity to ministry)  誘惑―人の歓心を買うこと(Be spectacular)  務め―「わたしの羊を飼いなさい」  訓練―告白と赦しの回復  Spectacular(スペクタキ ...

 約20年ぶりに、ヘンリ・ナウエンの「イエスの御名でーー聖書的リーダーシップを求めて」を読み返した。(持っているはずなのに、書棚に見つからなかったので、図書館で原書を借りて、だけれど。)  ハーバード大学で教鞭を取っていたナウエンが、ラルシュ共同体 ...

 ほんとにメモです。あとで何らかの文章にまとめたいとは思っているのですが… "Dietrich Bonhoeffer says it best when he writes: 'This blessing--be fruitful and multiply, and fill the earth and subdue it--affirms man totally in the world of the living ...

Can we seriously believe that God would establish a plan for us that essentially bypasses the awesome needs of present human life and leaves human character untouched? Would he leave us even temporarily marooned with no help in our kind of wor ...

 O God who is First, O God who is Last,  O God who is one Substance, O God who is three Persons:  We come humbly and bow before you. The world we live in has taught us to short-circuit our relationship with you. We're taught to ex ...

 私のスピリチュアル・ディレクター(我が教会の霊的形成パスター)に、『Longing for God』(リチャード・フォスター&ゲイル・ビービー著)という本を勧めてもらい、早速キンドルで購入して読み始めた。  アウグスティヌス、アビラのテレサ、ルター、カルヴァン、 ...

 日本語で書くと何だか妙な響きだけど。  この週末、カンザスのFriends Universityという大学で、リチャード・フォスター、ネイサン・フォスター、ジョン&ナンシー・オートバーグ、ジェームス・ブライアン・スミスらを講師に迎えた霊的形成(スピリチュアル・フォ ...

"A genuine spiritual discipline is a discipline of loving obedience offered to God with no strings attached. We put no conditions on it. We put no time limits on it. We add no expectation of how we want God to change us through it. We simply offer the ...

 John Bailieの“A Diary of Private Prayer"より。 Give me a stout heart to bear my own burdens. Give me a willing heart to bear the burdens of others. Give me a believing heart to cast all burdens upon Thee. Glory be to Thee, O Father, and ...

 共感しつつ、励まされた箇所。  教えだけでなく、復活のイエスご自身が私たちと共におられるので、イエスを神と認め、イエスに養っていただこうとする者にはすべて、神の庇護が保証されています。「小さな群よ。恐れることはありません。あなたがたの父である ...

↑このページのトップヘ