ミルトスの木かげで

シカゴ在住のキリスト教書翻訳者中村佐知(はちこ)のブログです。

カテゴリ:エリカ

  数年前からこのブログを読んでくださっている方なら、エリカ(仮名)のことを覚えているかもしれない。 エリカは、中学時代からのみんの友達だった。中学時代は親しかったけれど、高校で少し離れ、高校を卒業してみんがニューヨークから戻ってから、また関係が近くなっ ...

 昨年の秋から冬にかけて私たちと一緒に住んでいたエリカは、今ではお母さんの助けを借りてアパートに一人暮らし。春から近所のコミュニティーカレッジでクラスをいくつか取り始め、イタリアンレストランの大手チェーン店でウェイトレスのバイトも始めた。  先週そ ...

 今日は、うちの教会の霊的形成パスターの奥さんのホリーと、うちの教会でインターンをしている若者イレーナが我が家に来て、ランチを共にした。『The Prophetic Imagination(邦題:預言者の想像力)』『Living Gently in a Violent World』(ハワーワス&バニエ)、『 ...

 昨日、先の見通しが今ひとつ立っていない状態でエリカが去っていったことに、爽快感があるとは言えないと書いた。しかし、今日、進展があった。  エリカのお母さんがエリカの残した荷物を取りに来たとき、今、エリカのためにアパートを借りる手配をしていて、来週 ...

 予定されていた1月2日より、一日遅れで、今日(さっき…夜7時ごろ)エリカがうちを去った。とはいえ、まだ荷物がいくらか残っているので、明日もう一度取りに来ると言っていたけれど。  引っ越しには、エリカのお母さんも来て、荷物をまとめたり家具を運んだり ...

 エリカのことを通して、神様は私にいろんなことを語っておられる。  先日、エリカをあまり教会に連れていけなかったと書いたけれど、さっき祈っていたら、神様は私に、「エリカをどれだけ教会へ連れていったかよりも、エリカにどれだけ食事をさせてあげたかのほう ...

 昨日は、うちの教会のイブ礼拝に、家族6人プラスみんの友達二人(ナンシーとエリカ[仮名])を連れて行ってきた。12月に入ってから、Finding Christ in your ChristMESSというメッセージシリーズをやっていて、先日の話しではないけれど、Messy(ごたごたしている、 ...

 アメリカは、昨日は感謝祭でした。今年は夫は日本、エミはコネチカットの友人宅に行き、家にはおらず。シカゴの自宅では、来年のCCの準備のための第一回ミーティングを午後2時から持ち、5時頃から皆でディナーを囲みました。 (CC14 Planning Team 第一回おこ ...

 先日書いた、現在私たち家族と一緒に住んでいるエリカのこと(こちら)。いろいろ考え、人にも相談し、祈った結果、やはりきちんと境界線を引くことにした。もともと、12月20日までということで彼女はうちに来た。ところが、うちに引っ越してきた最初の週に、一緒 ...

 先日、うちにエリカという同居人が来たことを書いた。これが決して簡単なことではないことは、最初から分かっていたけれど、やはり簡単ではなかった。  エリカは、ものすごく気だての良い子なのだけれど、子どものころから安定した家庭環境を持たず、特にこの過去 ...

 これから数ヶ月、エリカ(仮名)というアメリカ人の二十歳の女の子が私たち家族と一緒に暮らすことになった。みんの友達で、ここには詳しくは書かないが、いろいろ大変なところを通ってきた子だ。ためらいもあったけれど、9月のはじめに彼女がホームレスになったと聞 ...

↑このページのトップヘ