偶然見つけた祈り。 ちょっと訳してみました。訳しにくいものだったので微妙ですが…

愛する神様

どうかほどいてください。
私の思いと、心と、人生の中にある
数々の結び目(knots)を。

私の思いの中にある
「持っていない(have nots)」、
「できない(can nots)」、そして
「しない(do nots)」を、
どうか取り除いてください。

私の心にある
「ならない(will nots)」、
「ならないかもしれない(may nots)」、そして
「ならないだろう(might nots)」を、
どうか消し去ってください。

私の人生を妨げる
「できなかった(could nots)」、
「したくない(would nots)」、そして
「すべきでない(should nots)」から、
どうか私を自由にしてください。

そして何よりも、愛する神様、
私の思考から、心から、人生から、取り除いてください。
私が自分で自分を引き止めていた
すべての「私は〜ではない(am nots)」を。
特に、「私は十分ではない(not good enough)」という考えを。

(The Knot Prayer  作者不明)


undoer
Maria Knotenlöserin (Mary Undoer of Knots) by Johann George Melchior Schmidtner (c. 1700, oil on poplar), in the Church of St. Peter am Perlach, Augsburg, Bavaria, Germany.
「結び目を解くマリア」

 ちなみに、カトリックには「結び目を解く聖母マリアへの祈り」という祈りもあるようです。検索するとその祈りの日本語訳は出てきます。マリアを含む、聖人に向かって祈るのもありだとするプロテスタント信者の方もおられますが、私は個人的には、三位一体の神様にしか祈らないので、「結び目を解く聖母マリアへの祈り」はここでは紹介しません。(でも、それをマリアではなくそのまま天のお父様に祈ってもいいなぁとは思いました。)