みんの症状は日々変化する。ステント挿入後、今回はかなりうまく痛みがコントロールされていていい感じで、昨日は食欲もあって(といっても、clear liquid dietだが)、水やコンソメスープを飲んでいた。ところが、夕べは咳と痛みであまり眠れず、今日は喉の奥にまたもやひっかかるものを感じるようになり、水などを飲み込むと痛むようになった。食欲もなく、水とアップルジュース以外は、口にしたがらない。まさかもう、さらなるガンが増殖してきたのではないといいのだけれど…

 激しい咳き込みと、おそらくは化学療法の副作用もあってか、今日はぐったりしている。肺の浸出液も、ここしばらく150mlと少なめだったのに、今日は350ml取れた。

 昨日、主治医と会ってゆっくり話をした。マーカーの値1500で始めたのが一回目の治療後、4000前後にまで上がったということは、再開した化学療法は 効いていないのだろうと言われた。せっかくあまりひどい副作用がでずに済んでいても、効いていないのでは意味がない。それでも、もうFOLFOXの2ラウンド目を火曜日の晩に始めたので、次のオプションは、2週間後に違う薬で化学療法を続行するか、もう治療は止めてホスピスケアに移行するかだと言われた。月曜日の胃カメラで、ガンがすでに胃と食道全体に広がっていることが確認され、ほかにも肝臓やリンパ節にも転移していることを考えると、もう先はあまり長くないだろう、と…(数ヶ月のオーダー)

 少なくとも、入れたステントが効果を発揮してくれれば、経口で食事ができるので(たとえ流動食としても)退院して自宅でケアできるが、もしこのまま嚥下困難が続くか痛みがひどくなるようなら、ステントは抜いて腸ろうになる。ここまで来たら、栄養の摂取はもはや重要課題ではないらしい。とにかくいかに痛みを軽減させ、少しでも楽に過ごさせてあげるかが最優先になる。 化学療法を続けるためには、そこそこの体力が必要だが、このまま弱っていったら化学療法を続けるというオプションもなくなる。

 退院して、うまく痛みや症状をコントロールできれば、少しでもQOLを維持しながら、彼女のしたいことをさせてあげることができる。それに、まだ奇跡の可能性も捨ててはいない。

 今朝祈っているとき、「わたしの栄光は、癒し以外を通しても現すことができる」と主に語られた。私は答えた。「わかっています。たとえば私たちがどのようにこの時を過ごし、乗り越えていくのかによっても、あなたのご栄光が現されることはわかっています。それでも、どうぞみんを憐れんでやってください。あなたが私たちにお与えになるものを、私は何でも受け入れますが、それでも私の願いを言うことを許してくださるならば、どうぞみんを憐れんでやってください。」 

 昨日から、エゼキエルとエゼキエルの妻のことが頭を離れない。

次のような主のことばが私にあった。
「人の子よ。見よ。わたしは一打ちで、あなたの愛する者を取り去る。嘆くな。泣くな。涙を流すな。声をたてずに悲しめ。死んだ者のために喪に服するな。頭に布を巻きつけ、足にサンダルをはけ。口ひげをおおってはならない。人々からのパンを食べてはならない。」
その朝、私は民に語ったが、夕方、私の妻が死んだ。翌朝、私は命じられたとおりにした。
(エゼキエル24:15−18) 

 以前、このブログにもこう書いたことがある。2013年9月。

ESV Study Bibleの解説に、Ezekiel has learned that there is nothing that God cannot ask of him.(エゼキエルは、神が彼に求めることのできないものは、何もないことを学んだ)とあり、ハッとした。私はそれを学んでいるだろうか? 私は、私の好まないことが起こると、ふてくされたり、不公平だと言ってグズったり、いじけたりしてしまう。エゼキエルとは大違いだ。でも、私は預言者ではないけれど、それでもヤハウェを主と呼ぶ者として、神のしもべとして、私もまた、神が私に求めることのできないものは何もないことを、学ぶべきではないのか?

 今朝、私は神様に申し上げた。

「わかっています。あなたが私に求めることのできないものなど、何もないことはわかっています。私の立場から言うならば、みんを取らないでくださいとも言いません。あの子が永久にあなたのものであり、この地を離れることになったとしても、あなたの御元に行くのですから、そこはどこよりも素晴らしい場所であることもわかっています。それでも、今私が、みんのために執りなすことをお許しください。あの子はまだ生きていたいのです。ここを乗り越えて、あなたがくださった人生を生きていきたがっているのです。私があの子を失いたくないからではなく、ただあの子の願いをあなたに聴いていただきたく、お願いいたします。どうぞみんを憐れんでやってください。…」


 今日のお祈りのお願い

-痛みや各種の症状が和らぎますように。
-この状況の中で、神様ご自身がみんと特別に出会ってくださいますように。

 あとは、皆さん、どうぞ導かれるままに、みんのためにとりなしてやってください。よろしくお願いします。ありがとうございます。 

12647446_10207282649276995_403763784956502917_n
左後ろの写真はみんがキンダーガーテンのころ