これらのページに記された告白に対する私の応答は簡単です。 彼女(マザー・テレサ)の側に、この霊的枯渇を説明できるような深刻な落ち度はまったく見られません。これは単に、霊的いのちを極めた人ならだれでも知っている、"暗夜"なのです。もっとも、彼女が通っているものほど深く、長年にわたるものを、私は見たことがありませんが。暗夜から抜け出すために人間の側でできることはありません。ただ、そこに神の隠された臨在があるという確信と、この罪深い世の暗闇と重荷を私たちの救いのために十字架によって負わねばならなかった、イエスと一体になることによってのみ、耐えることができるでしょう。この暗闇の中に神の隠された臨在があるという確かなしるしは、神への飢え渇きです。神の光を一筋でも見たいという切望です。神がその人の心におられるのでなければ、だれも神を切望することはできません。従ってこの試練に対する唯一の応答は、神への完全な明け渡しと、キリストとひとつとなってこの暗闇を受容することです。

"My answer to the confession of these pages was simple: there was no indication of any serious failure on her part which could explain the spiritual dryness. It was simply the dark night of which all masters of spiritual life know--though I never found it so deeply, and for so mamy years as in her. There is no human remedy against it. It can be borne only in the assurance of God's hidden presence and of the union with Jesus who in His passion had to bear the burden and darkness of the sinful world for our salvation. The sure sign of God's hidden presence in this darkenss is the thirst for God, the craving for at least a ray of His light. No one can long for God unless God is present in his/her heart. Thus the only response to this trial is the total surrender to God and the acceptance of the darkenss in union with Jesus." 

(From "Come Be My Light"  Mother Teresa  マザーの告白に対するNeuner神父の応答より 私訳 強調は訳者による)


IMG_2891