闇の中を歩んでいた民は、大きな光を見る
死の陰の地に住んでいた者たちの上に光が輝く
あなたはその国民を増やし、その喜びを増し加えられる。
彼らは、刈り入れ時に喜ぶように、
分捕り物を分けるときに楽しむように、
あなたの御前で喜ぶ。
あなたが、彼が負うくびきと、
肩の杖、彼を追い立てる者のむちを、
ミディアンの日になされたように打ち砕かれるからだ。
まことに、戦場で履いたすべての履き物、血にまみれた衣服は焼かれて、火の餌食となる。
ひとりのみどりごが私たちのために生まれる。
ひとりの男の子が私たちに与えられる。
主権はその肩にあり、
その名は「不思議な助言者、力ある神、永遠の父、平和の君」と呼ばれる。
その主権は増し加わり、その平和は限りなく、
ダビデの王座に就いて、その王国を治め、
さばきと正義によってこれを堅く立て、
これをささえる。今より、とこしえまで。
万軍の主の熱心がこれを成し遂げる。
(イザヤ9:2−7)

「見よ、処女がみごもっている。そして男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。」(それは、訳すと、「神は私たちとともにおられる」という意味である。)
(マタイ1:23)



 
(とても美しい歌です。よろしければお聴きになってみてください。)

今年のアドベントは、悲しみと喜びの両方をホールドする(そっと手の上に持つ、受け取る)ということを意識しつつ過ごしていた。悲しみと喜び。痛みと感謝。一つの出来事の中にも、悲しみと喜びが共存していることは多々あること。また、嬉しいこと感謝なことが起こる一方で、悲しいこと、辛いことも起こる。最初のアドベントと次のアドベントの間に生きる私たちだから、その両方があるのは当然のこと。だから、どちらか片方だけを見て、もう片方は無視するのでなく、両方を受け取る。両方をそっとホールドする… 

アドベントに入った直後、ハワイのホノルル教会の牧師夫人の関れいさんが、入院されたという知らせが入った。いくつもの検査の結果、ステージ4の肺がんとのことだった。足に尋常ではない痛みがあったので救急科に行ったところ、ガンの骨転移だったそうだ。

みんのときと似ていたので、心臓を直に掴まれたかのような気持ちになった。みんも、背中にひどい痛みがあって救急科に行ったら、それがガンの骨転移だった。

関先生は、この年末にもたれるJCFNのEquipper Conferenceの主講師のお一人でもある。そのカンファレンスを1ヶ月後に控えての奥様の三週間にわたる入院。なんということか…

れいさんの入院後、先生は状況をお知らせくださるために、ブログを始められた。

-God is good all the time (関真士先生のブログ)

このような状況の中でも、先生とれいさんの目は揺らぐことなくしっかりとイエス様に留められている。平安に包まれておられる。ぜひ、先生のブログをご覧ください。お二人の信仰に励まされます。

れいさんは先週の水曜日に退院なさり、明日からご家族全員でカリフォルニア入りなさる。祈っています。れいさん、大好きなれいさん、祈っています。主がともにおられます。God is good all the time. 私も共に告白します。

関先生ご夫妻のために祈る中、FacebookでつながっているU先生の奥様が23日に召されたという知らせを読んだ。奥様が召されたのは、U先生が教会でキャンドルライト礼拝を行っている最中だったそうだ。U先生とは直接の面識はないものの、奥様のお病気のことを知って以来、祈りに覚えさせていただいていた。奥様が召された翌日がクリスマスイブ。教会ではイブ礼拝。U先生がその礼拝のときのことをFacebookに書いておられるのを読み、胸がいっぱいになった。ああ、信仰者であるとは、こういうことなんだ、と…

関先生も、れいさんも、U先生も、主の光をしっかりと見ておられる。その光にしっかりと包まれておられる。この三人の方たちから、インマヌエルなる主の光が輝いている。闇は光に打ち勝たない。
 
私も、同じ光を見つめ続けよう。その光に包まれていることを、忘れないようにしよう。イエス様が来てくださったことにより、私の内側にも、その光が灯されるようになったのだ。

インマヌエルなる主が共におられるから。

Hallelujah God is with us Hallelujah A light has come Hallelujah Holy God is with us Love is always born within

IMG_4053
(今日のクリスマスイブ礼拝でのキャンドル)

明日から約二週間ほど家族で旅行に出ます。家族五人そろっての旅行です。楽しんできます。

みなさま、この1年間もこのブログにおいでくださり、またたくさんの励ましをくださり、ありがとうございました。感謝をもって、祝福をお祈りいたします。

Hallelujah God is with us Hallelujah A light has come A light has come Oh a light has come