empy_tomb

さて、週の初めの日に、マグダラのマリヤは、朝早くまだ暗いうちに墓に来た。そして、墓から石が取りのけてあるのを見た。
それで、走って、シモン・ペテロと、イエスが愛された、もうひとりの弟子とのところに来て、言った。「だれかが墓から主を取って行きました。主をどこに置いたのか、私たちにはわかりません。」
そこでペテロともうひとりの弟子は外に出て来て、墓のほうへ行った。
ふたりはいっしょに走ったが、もうひとりの弟子がペテロよりも速かったので、先に墓に着いた。
そして、からだをかがめてのぞき込み、亜麻布が置いてあるのを見たが、中に入らなかった。
シモン・ペテロも彼に続いて来て、墓に入り、亜麻布が置いてあって、
イエスの頭に巻かれていた布切れは、亜麻布といっしょにはなく、離れた所に巻かれたままになっているのを見た。
そのとき、先に墓に着いたもうひとりの弟子も入って来た。そして、見て、信じた。
彼らは、イエスが死人の中からよみがえらなければならないという聖書を、まだ理解していなかったのである。
それで、弟子たちはまた自分のところに帰って行った。
しかし、マリヤは外で墓のところにたたずんで泣いていた。そして、泣きながら、からだをかがめて墓の中をのぞき込んだ。
すると、ふたりの御使いが、イエスのからだが置かれていた場所に、ひとりは頭のところに、ひとりは足のところに、白い衣をまとってすわっているのが見えた。
彼らは彼女に言った。「なぜ泣いているのですか。」彼女は言った。「だれかが私の主を取って行きました。どこに置いたのか、私にはわからないのです。」
彼女はこう言ってから、うしろを振り向いた。すると、イエスが立っておられるのを見た。しかし、彼女にはイエスであることがわからなかった。
イエスは彼女に言われた。「なぜ泣いているのですか。だれを捜しているのですか。」彼女は、それを園の管理人だと思って言った。「あなたが、あの方を運んだのでしたら、どこに置いたのか言ってください。そうすれば私が引き取ります。」
イエスは彼女に言われた。「マリヤ。」彼女は振り向いて、ヘブル語で、「ラボニ(すなわち、先生)」とイエスに言った。
イエスは彼女に言われた。「わたしにすがりついていてはいけません。わたしはまだ父のもとに上っていないからです。わたしの兄弟たちのところに行って、彼らに『わたしは、わたしの父またあなたがたの父、わたしの神またあなたがたの神のもとに上る』と告げなさい。」
マグダラのマリヤは、行って、「私は主にお目にかかりました」と言い、また、主が彼女にこれらのことを話されたと弟子たちに告げた。
(ヨハネによる福音書20章1−18節)


Resurrecting God,
you conquered death
and opened the gates of life everlasting.
In the power of the Holy Spirit,
raise us with Christ
that we, too, may proclaim
healing and peace to the nations. Amen
(From Revised Common Lectionary Prayers)

それでは、はっきりと目の覚めた民、イースターの民として生きることを学ぶには、どうすればいいだろうか。ここで、身の引き締まるような提案をしたい。私は、多くの教会はイースターを毎年ただ放り投げているだけだと確信するに至った。教会として、個人として、自分たちが告白するものを生きることを互いに助け合うために、イースターをどのように祝うのかを考え直してほしいと私は懇願したい。...(中略)...



  ... イースターとは、あってもなくても同じようなものでもなければ、密教的なものでもない。本当のイエスが本当の墓から出てきて、神の本当の新創造を開始したことを祝う日なのだ。
 
しかし私のいちばんの不満は、イースターの月曜日に始まる。受難節を守って40日間、その意味に思いを巡らし、自己否定を説き、少なくともやや憂鬱そうな顔をして過ごし、聖週間にはそれらがピークに達し、洗足の木曜日と聖金曜日でクライマックスを迎え… それから余りもののような聖土曜日のあとに、たった1日しかイースターを祝わないというのはどうなのか。ばかげているし、正当化できないと思う。

イースター後に続く複数の日曜日も紛れもなくまだイースターの季節のうちだ。イースターにちなんだ聖書箇所や賛美歌はまだ数週間続く。しかしイースターの週そのものは、すべての聖職者がほっと安堵のため息をつき、休暇に出るときではないはずだ。それは8日間のお祭りであるべきだ。...(中略)...



  ... 私たちは、復活祭を創造的な新しい方法で祝うために何かすべきだ。芸術、文学、子どものゲーム、詩、音楽、ダンス、フェスティバル、ベル、特別コンサート、思いつくもの何でもいい。これは私たちのもっとも重要なお祭りなのだ。クリスマスを取り去っても、聖書の観点から言えば、マタイとルカの福音書の最初の2章がなくなるだけで、ほかに影響はない。しかし、イースターを取り去るなら、新約聖書がなくなってしまう。キリスト教自体がなくなるのだ。パウロが言ったように、まだ罪の中にいることになる。世俗世界のスケジュールや習慣や、擬似宗教的なイベントや、かわいいイースターバニーなどに惑わされてはいけない。これは私たちの最も重要な日だ。盛大に祝おうではないか。

 特に、受難節が何かを手放すときであるなら、イースターは何かを始めるときであるべきだ。朝食にシャンペンはどうか。いいではないか。キリスト者の聖さとは、単に否定的なことを意味するはずではなかったのだ。もちろん庭から雑草を抜き取らなくてはならないときもある。地面を這う蔦を抜くために、ときには徹底的に掘り起こす必要があるかもしれない。それが受難節である。しかし何も植わっていない小綺麗な地面だけの庭にはしたくないだろう。イースターは新しい種を蒔き、いくつかの苗木を移植するときだ。キリスト者として、真の人間として花開くために自分の生活の中で滅ぼすべきものを死に渡すのがカルバリであるなら、やがて開花し、庭を芳香と色で満たし、そして時が来たら実を結ぶべきものを、生活(個人的にも共同体としても)の中に植えて、水をやり、成長を導くのがイースターであるべきだ。昇天までの40日間のイースターの季節は、何か新しい仕事や冒険、何か健全で実りが多く、外向きで自分を捧げるような何かを始めることによって、受難節とのバランスをとるべき季節である。それは6週間しか続かないかもしれない。ビールやタバコを断つのが受難節の6週間しかできないのと同じように。しかし実際に着手するなら、これまで夢にも見たことのないような新しい可能性、新しい希望、新しい冒険の兆候がわずかながらでも得られるかもしれない。あなたのいのちの最も深い部分に、イースターをいくらかばかりもたらしてくれるかもしれない。まったく新しい形で目覚めることを助けてくれるかもしれない。それこそがイースターなのだ。 
 
(N.T. ライト Surprised by Hope 第15章 より)