長らくお待たせしていましたが、ジョン・オートバーグの新刊、『神が造られた「最高の私」になる』がようやく出来上がりました! 「あなたがずっと求めていた人生」の続編です。書店に並ぶのは来週になりますが、出版社さんのホームページからはすでに注文可能です。

最高の私オビ付き




本文より抜粋:
……しかしそのうちに、心の中に次のような疑問が湧いてきました。「私が本当に求めているものは、何なのだろう?」
私が本当に求めているのは、何か特定のプロジェクトにおいて特定の結果を出す、というものではないことに、だんだんと気づき始めました。こういったことはどれも、目的に到達するための手段に過ぎません。私が本当に求めているのは、内側から真にいきいきとした人間になることです。私が本当に求めているのは、愛と喜びに満たされて生きるための内面的な自由です。
……
私は心の中で思いました。「もういい歳だし、この先、あと何年生きられるかも分からない。待っている時間はないぞ」。学生時代は、良い成績を取ることや、可愛い女の子に好かれるようになることばかりを考えていました。そして歳を取ると、今度は仕事や、自分を取り囲む状況で頭がいっぱいになりました。そういったものが、私に生き甲斐を与えてくれると思ったからです。「自分が本当になりたい人間になることを、これ以上先延ばしにするわけにはいかない」、私はそう思いました。
そのときは気づいただけでしたが、今でははっきりと分かっています。私は、ほかの何よりも、そういう人生を欲しているのだ、と。そうするべきだと思うからだとか、そうしなくてはいけないとどこかに書いてあるから、というわけではありません。私自身がそれを欲しているのです。
こういう人になりたい、と願う「私」の姿があるのです。
……

あなたは、あなたの作品ではありません。あなたの人生は、あなたのプロジェクトではないのです。あなたの人生は、神のプロジェクトです。あなたを造ろうと思ったのは神であり、あなたがどういう人間になるはずなのかを知っているのは神です。神は、あなたが行なうことになっているたくさんの良い行ないを用意しておられます。しかしそれは、配偶者や上司から渡されるような「やるべきこと」のリストとは違います。神があなたのために用意しておられる数々の良い働きは、真のあなたの姿を指し示す道しるべです。
……
あなたの「霊的生活」とは、ディボーションと呼ばれるような特定の活動に限られるものではありません。「霊的生活」とは、あなたが神の作品として最初から意図されていた人間になっていくために、神の霊から力を受け取りながら生きる生活のことなのです。

……

神があなたを成長させてくださるとき、あなたは変化します。しかし、あなたはいつでもあなたです。どんぐりは成長すると樫の木になりますが、バラにはなりません。健康な樫の木になるか、貧弱な樫の木になるかです。いくら貧弱でも灌木にはなりません。あなたはいつでもあなたです。成長している健康なあなたか、衰弱しているあなたです。神は、あなたをほかの人にするためにあなたを造ったのではありません。神はあなたの気質もあらかじめ決めておられました。持って生まれた才能や賜物も、神が決めたことです。特定の情熱や願いも与えられました。あなたの身体も精神も、神が計画しました。「あなたらしさ」とは、神によってデザインされたものです。
霊的に成長するならば、誰かほかの人にならなければいけないのかと考える人もいますが、神はあなたという素材を捨てたりはしません。方向が変わるのです。イエスに出会う前のパウロは、異彩を放つ、情熱的な、人々を迫害する熱狂者でした。イエスに出会った後では、異彩を放つ、情熱的な、人々のために自分を捧げる熱狂者になりました。

……

ここに良い知らせがあります。あなたが輝き、花開くとき、もっとあなたらしくなります。神が最初にあなたを造ろうと思ったときに思い描いておられた姿に、もっと近づくのです。もっと聖くなるだけではありません。もっとあなたらしくなります。あなたは変わります。神はあなたに「新しく造られた者」になってほしいのです。

……
神はあなたを取り替えるのではなく、贖いたいのです。

……

自分が願うような人にはなれないということは、実にへりくだらされます。私を造りかえるのは、私ではないのです。ただ神が与えてくださった贈り物として自分自身を受け入れ、神のプロジェクトとしての私になっていくことを受け入れるのです。あなたの魂の中では、花開き輝いていく自分(神によって造られた本来の自分)と、衰えていく自分が闘っています。本書は、その闘いに関する本です。あなたの奥底から始まり、神の贖いを待つ世界へと移動していく闘いです。

……