霊的修練に関して、ジョン・オートバーグがダラス・ウィラードにインタビューしている動画。(2010年)

 (1)「修練(discipline)」という言葉を聞くと、多くの人はネガティブなものを連想する。特に英語では、disciplineというと「しつけ、罰」のことも意味するので、なおさらだろう。日本語では、肉体の苦行のような苦しいものが思い起こされるかもしれない。この動画でオートバーグは、霊的修練とは何で、なぜそれが大切で、それが「恵み」とどう関係するのかについてウィラードに尋ねている。ウィラードは、「修練とは、私たちがこれまで自力ではできなかった善いことを、行えるようになるために、自分の力でできることを行うこと」だと言う。私たちは、自分が何かに向けて努力をするなら、それは自分の働きであって恵みによるものではないと思いがち。したがって恵みとは、私たちが受身になって、何かが自分の上に起こるのを待つことのように受け取られることが多い。しかしウィラードは、恵みとはそういうものではないと言う。私たちの行い(働き・努力)とは、恵みと対立するものではない。恵みは私たちの行いや努力に反するものではなく、「(自力で)獲得すること(earning)」と対立するものであると言う。「努力」とは私たちの行動であり、「獲得」とは(「努力したのだから自分はこれを得て当然である」という)私たちの態度である、と。私たちが行動を起こすときに、神が恵みによって私たちに何かを成し遂げさせてくださることを、自分が自力で獲得することと、混乱させてはいけない。

 (2)誰かに、「霊的に成長したいと思ったら、どこから始めたらいいでしょうか?」と質問されたとき、ウィラードはこう答えたそうだ。“Do the next right thing you know you ought to do.”(あなたが行うべきだとわかっている最も手近な正しいことを行いなさい。)この「the next right thing」とは、そのまま訳せば「次に正しいこと」となるけれど、これは2番目に正しいことという意味ではなくて、自分が今、すぐに行える、最も手近な正しいこと、という意味だと思う。世の中にはなされてしかるべき正しいことはたくさんあるけれど、遠くの正しいことではなく、自分のすぐ隣にある正しいことを行う、ということ… たとえば、ケンカして夕べから口をきいていない配偶者に謝る。いつも忙しさを理由に放置しがちだった子どもとゆっくり時間を過ごす。ここしばらく読んでいなかった聖書を読む。やろうやろうと思いつつも先延ばしにしていた、バイブルスタディの参加申し込みをする。自分の願い通りにならなくてイライラしていた事柄について、正直に神様に祈る。などなど。

 昨日のブログで、神の霊は私たちの中で絶えず働いておられ、義の道へ、愛の中へと導いておられるということを書いたけれど、このウィラードの返答も、私たちの内ですでに働いておられる御霊への信頼にみなぎっていると思う。私たちが次になすべき正しいことは何か、内なる御霊は私たちに教えてくださるだろうという確信と信頼。そしてそれを行うために必要な助けを、神は与えてくださるだろうという確信と信頼。ウィラードは、本当に神の恵みに信頼しきって生きていた人なのだと思う。

 “Do the next right thing you know you ought to do.”

 私にとってのthe next right thingは何だろうか。

 あなたにとってのthe next right thingは何ですか? 今週、それに向かって一歩を踏み出してみませんか?

              *****


Praise be to the God and Father of our Lord Jesus Christ, the Father of compassion and the God of all comfort, who comforts us in all our troubles, so that we can comfort those in any trouble with the comfort we ourselves receive from God. For just as we share abundantly in the sufferings of Christ, so also our comfort abounds through Christ. If we are distressed, it is for your comfort and salvation; if we are comforted, it is for your comfort, which produces in you patient endurance of the same sufferings we suffer. (2Cor. 1:3-6)

 今週の私のbreath prayerはこれかな。
 「Father of compassion and the God of all comfort, produce in me patient endurance.」