Facebookのあめんどうさんのページで、NTライトの『クリスチャンであるとは』の推薦文が公開されています。


 神学者さんや牧師さんの間にまざって、信徒からの声も、ということで、私も推薦の言葉を寄せさせていただいたのですが、現在、推薦文が公開されているのは、小嶋崇先生、後藤敏夫先生、関野祐二先生、高橋秀典先生、そして山崎ランサム和彦先生という素晴らしい顔ぶれ。その中に私が混ざっているのは、どうも恐縮です…(汗)


 推薦文は、こちらから読めます。




 パブリックに公開になっているので、多分Facebookのアカウントのない人でもアクセスできると思うのですが、どうかな…


 転載許可も今いただいたので、画像を貼らせていただきます。


a7b5b6a0.jpg


1a8c0651.jpg


15719b20.jpg


 また、あちこちのブログでも取り上げられています。