Wednesday November 20, 2013



Waiting with Patience


How do we wait for God? We wait with patience. But patience does not mean passivity. Waiting patiently is not like waiting for the bus to come, the rain to stop, or the sun to rise. It is an active waiting in which we live the present moment to the full in order to find there the signs of the One we are waiting for.



The word patience comes from the Latin verb patior which means "to suffer." Waiting patiently is suffering through the present moment, tasting it to the full, and letting the seeds that are sown in the ground on which we stand grow into strong plants. Waiting patiently always means paying attention to what is happening right before our eyes and seeing there the first rays of God's glorious coming.


忍耐を持って待つ


私たちはどのようにして神を待つでしょうか。忍耐を持って待ちます。しかし、忍耐とは受け身になるという意味ではありません。忍耐を持って待つとは、バスが来るのを待ったり、雨が止むのをまったり、朝日が昇るのを待つのとは違います。それは、私たちが待っているお方のきざしを見つけるために、じっくりと、今この時の中に生きるという、積極的な行為です。


忍耐という言葉は、「苦しむこと」を意味するラテン語の動詞、「patior」から来ています。忍耐を持って待つとは、現在のときを苦しみぬくこと、苦しみを完全に味わいながら、私たちの立つ地面に蒔かれた種が、立派な植物に育つのを見届けることです。忍耐を持って待つとはいつでも、目の前で起こっていることに注意を払い、神が栄光を持って来られるときの最初の光を、そこに見出すことを意味します。