主にある私の大好きな姉妹、「めぐんちゃん」が、Facebookでシェアしてくださっていたことです。とても心に響いたので、許可をいただいて、こちらでも分かち合わせていただきます。めぐんちゃん、ありがとう! そして、結婚五周年、おめでとう!! I love you so much!


====


 先日の結婚クラスで聞いた話、面白いと思ったのでちょっとメモ:多くの人は結婚を「幸せ」だとか、「愛」だとか、「親密さ」等が詰まった宝箱だと思っています。でも、結婚は実は「空の箱」。愛も親密さも、結婚した二人が箱に入れて初めてそこに存在するのです。入れていないものを、取り出す事はできない。。。結婚は”Work"だ、とよく聞くけれど、なるほど、そういう事かと納得しました。そしてここからは私がツラツラ考えていた事ですが、私達は皆多かれ少なかれ生きているうちに傷や過去のしがらみを負って、結婚にもをれを持ち込んでしまいます。「箱」を良いもので満たしたいけれど、時に自分が持って来たゴミを知らぬ間に放り込んで、愛や親密さや思いやりが入る邪魔をしていることがある。ゴミはその存在を自分で認識し、意識的に取り出すまでずっとそこにあり、腐って周りのものにまで悪影響を及ぼすことも。そしてそれを掃除するプロセスは、長く、Messyで、大変かもしれない。それでも、私はそこに希望があると思いました。二人が諦めずに、助けあったり、相手が自分のゴミを処理するのをそばで忍耐強く見守ったりしながらWorkするのを止めなければ、いつか箱は綺麗になって、良い物を受け入れるのにふさわしい器となるのです。結婚してから何年も経っていて、色んなゴミで箱が溢れてしまったカップルでも、この掃除を一緒にやり通して、かつてない程幸せになっている人達がいるそうです。今、私達の箱を覗いて、そこに望んだものが揃っていなかったとしても、それをこれから入れることが可能だと思えば、がっかりするより期待を感じます。箱を共有するパートナーのために、箱から溢れてくるものに直接影響される子供たちのために、私達と関わる全ての人達のために、ゴミと向き合い、しっかり処分する知恵と力が与えられますように。


 おっと、誤解のないように書きますが、私達、ぶつかったり、歩み寄ったりしがなら楽しく幸せに過ごしていますのでご安心を^^。明日で結婚5年目、良い月日でした。問題が全くなかったからではなく、全てを通して恵と成長を経験させて頂いたから、神様、この結婚に感謝します。


====


 愛し合った二人が結婚したのだから、自動的に愛に満ちたものになるとは限らないのですね。我が家は来年が25周年なのですが、めぐんちゃんがシェアしてくれたこと、本当にそのとおりだと思います。我が家も、まだまだworkが続きます。 (そしてこのworkは、いわゆるbeing vs. doing の doing に当たるものではなく、being を養っていくためのworkなのですよね!)