Can we seriously believe that God would establish a plan for us that essentially bypasses the awesome needs of present human life and leaves human character untouched? Would he leave us even temporarily marooned with no help in our kind of world, with our kinds of problems: psychological, emotional, social, and global? Can we believe that the essence of Christian faith and salvation covers nothing but death and after? Can we believe that being saved really has nothing whatever to do with the kinds of persons we are?

(The Divine Conspiracy, Dallas Willard)

現在の人間生活にある大変な必要を実質上無視し、人間の品性に触れることもないままでいるような計画を神がお立てになるなんて、本気で信じることができるだろうか? 私たちが生きているようなこの世界で、私たちが抱えているような心理的、感情的、社会的、世界的問題がある中で、たとえ一時的にだとしても、神は私たちを放置しておかれるだろうか? キリスト教信仰と救いの真髄は、死とその後のことしか関知しないだなんて、信じられるだろうか? 救われているということと、自分がどういう人間であるかということは、本当に一切関係ないだなんて、本気で思えるだろうか? 

(ダラス・ウィラード The Divine Conspiracy)