f:id:mmesachi:20140722002426j:image:right


 LOVE (III) by George Herbert


 今日読んでいた本("The Good And Beautiful God") に出てきた詩。感動したので、訳してみました。





「愛」


"愛"が私をあたたかく招き入れてくださったのに、私の魂はしりぞいた。


  ちりと罪にまみれていたから。


しかし敏い目をお持ちの"愛"は、私のためらいに気づかれた。


  私が戸口に入ったそのときから。


私に近づき、優しくたずねてくださった。


  何か足りないものがあるのか、と。





ここにふさわしい客人がいないのです、私は答えた。


  "愛"は言われた。おまえがその客なのだよ。


薄情で恩知らずな私がですか? ああ、愛しい方よ。


  私にはあなたに目を向けることもできません。


"愛"は私の手を取り、微笑みながらお答えになった。


  誰がその目を造ったのか、わたしではないか?





そのとおりです、主よ。しかし私はそれを汚してしまいました。私は恥を


  受けるにふさわしい者です。


おまえは知らないのか、"愛"は言われた。だれがその咎を負ったのかを。


  愛しい方よ、では私があなたにお仕えいたします。


"愛"は言われた。おすわりなさい、そして私の食事(にく)を味わいなさい。 


  そこで私はすわり、それをいただいた。





(ジョージ・ハーバート はちこ訳)





LOVE (III)


by George Herbert





Love bade me welcome. Yet my soul drew back


 Guilty of dust and sin.


But quick-eyed Love, observing me grow slack


 From my first entrance in,


Drew nearer to me, sweetly questioning,


 If I lacked any thing.





A guest, I answered, worthy to be here:


 Love said, You shall be he.


I the unkind, ungrateful? Ah my dear,


 I can not look on thee.


Love took my hand, and smiling did reply,


 Who made the eyes but I?





Truth Lord, but I have marred them: let my shame


 Go where it doth deserve.


And know you not, says Love, who bore the blame?


 My dear, then I will serve.


You must sit down, says Love, and taste my meat:


 So I did sit and eat.