『放蕩する神』『The Reason for God』などの著者、ティム・ケラー牧師が、2009年11月にバイオロゴス財団主催の“In Search of a Theology of Celebration”というカンファレンスに提出した白書"Creation, Evolution, and Christian Laypeople” を、ケラー牧師とバイオロゴスの許可のもとでぼぼるパパと私が翻訳しました。その日本語訳「創造と進化ーー牧会者の視点から」がバイオロゴスのウェブサイトからダウンロードできるようになったので、お知らせします。




 直接ダウンロードするならこちらから。「創造と進化ーー牧会者の視点から」ダウンロード


 バイオロゴスは他の資料もぜひ日本語に訳してほしいと言ってくださっているので、時間の取れるときに少しずつでも翻訳していきたいと思います。