昨日の礼拝メッセージは、Perspectiveについてだった。


 ちょっと前にも、『博士の愛した数式』と伝道者の書のソロモンとの絡みで、この地上での私たちの人生を、「永遠」という観点から見るならそこに新たな意味が与えられる、というようなことを書いた


 また、今読んでいるダラス・ウィラードの『Renovation of the Heart』の五章でも、キリストに似た者に変えられていくための霊の形成における、ヴィジョンの大切さが語られていた。ウィラードはVision という言葉を使っていたけれど、Perspectiveとも深く関わっていると思う。主のPerspectiveをもって見る世界(自分自身や将来も含む)が、主が私たちにお与えになるヴィジョンと言えるのかな。


 「永遠のいのち」を与えられたこと、神の御国に住む者とされたこと。これは、肉体の死の後のいのちにのみ関わることではなく、今日の私たちの生き方にも深く関わる。「永遠」というパースペクティヴ。そのもとで一日一日を生きること。頭ではわかっていても、実際にはまだ何かにつけてブレてしまうことが多い私。


Jesus, be my vision. Let me see things from your perspective.






Perspective




  1. a technique of depicting volumes and spatial relationships on a flat surface. Compare aerial perspective, linear perspective.

  2. a picture employing this technique, esp. one in which it is prominent: an architect's perspective of a house.

  3. a visible scene, esp. one extending to a distance; vista: a perspective on the main axis of an estate.

  4. the state of existing in space before the eye: The elevations look all right, but the building's composition is a failure in perspective.

  5. the state of one's ideas, the facts known to one, etc., in having a meaningful interrelationship: You have to live here a few years to see local conditions in perspective.

  6. the faculty of seeing all the relevant data in a meaningful relationship: Your data is admirably detailed but it lacks perspective.

  7. a mental view or prospect: the dismal perspective of terminally ill patients.


(the Random House Unabridged Dictionary, (c) Random House, Inc. 2006.)


【名】




  1. 遠近(画)法、遠近感、透視図(法)、奥行き

  2. 展望、物の見方、考え方、観点、視野、大局観◆【類】viewpoint It is sometimes hard to understand someone else's perspective about a problem. : 他人が問題をどう見ているかを理解するのは、時には難しいことだ。

  3. バランスのとれた見方

  4. 見込み、〔将来の〕見通し、目途


(英辞郎on the web)