ミルトスの木かげで

シカゴ在住のキリスト教書翻訳者中村佐知(はちこ)のブログです。

 先日、Facebookでお友達のEさんがこの記事をシェアしておられるのを見た。-「糖質制限」論争に幕?一流医学誌に衝撃論文(東洋経済オンラインより)『ランセット』といえば、医学界では知らない人のいない権威ある医学雑誌である。そのオンライン版に掲載された論文が話題を ...

2014年のみんのジャーナルより。  ...

I believe that God prays in us and through us, whether we are praying or not (and whether we believe in God or not). So, any prayer on my part is a conscious response to what God is already doing in my life.(神は、私たちの中で、また私たちを通して、祈ら ...

 間欠泉のように、時折噴き出す。 押し殺していたわけではなく なくなっていたわけでもない。 あの子を愛しく思う想い。 あの子を恋しく思う想い。 地下水のように、ずっと流れている。 いくら汲み上げても枯れることはなく 流れ続けても侵食することはない。 時折 ...

 今日は、私が時々行くフランシスコ会の黙想の家でもたれた、霊的同伴者の会に行ってきた。"Emerging issues in Spiritual Direction"というタイトルだったので、セミナーのようなものかと思っていたら、もっと緩い感じの集まりだった。  この黙想の家のシスターたちが、 ...

NPO法人 希望の会 - スキルス胃がん患者・家族会からの動画です。  轟哲也さん。毎年欠かさず胃がん検診を受けていたにもかかわらず、スキルス胃がんが見つかったときにはすでにステージ4だった…上山美奈子さん。胃の不調があり、胃カメラ検査と生検も受けたのに、異 ...

しばらく前の、リチャード・ローアのDaily Meditationより。とても心に留まった箇所なので、しばらく思いを巡らすためにメモ。Finley describes God as “the infinity of the unforeseeable; so we know that [the unforeseeable] is trustworthy, because in everything, G ...

 日本から戻ってきて1週間経った。 40代後半くらいからは、時差ぼけが解消するのにたっぷり2週間はかかっていたのに、今回は1週間でほぼ元どおりになっている。すばらしい。 だいたい、帰宅した最初の晩は、疲れているからか普通に眠れるのだけれど、二日目、三日目 ...

(注:「不在は存在を想起させる」この夏、関西牧会塾の小渕さんの講演の中で出てきたフレーズ。ヘンリ・ナウエンの言葉。) 今日、Facebookでみんのメモリアルページ見つけた、みんの友達の投稿。Miho, your kindness is always missed by many. You gave me these kind wo ...

  今回の日本訪問では京都に行く機会があり、友人のK夫妻のお誘いにより、宇治のカルメル会の黙想の家で、一泊の黙想会に参加してきた。 修道女の方たちも、司祭も、アビラのテレサや十字架のヨハネが着ていたような茶色い修道服で、さすがカルメル会!と思ってしまった。 ...

 私が日本に着く数日前、『福音の再発見』の著者であるスコット・マクナイト博士からメールが来た。みんの闘病と死に際しての私の証の一部を、彼の新刊で使わせてほしいというものだった。出版社が、ちゃんと書面での正式な許可を取ってほしいと言っているので、手間をかけ ...

 気がつくと、前回から1ヶ月もあいてしまっていた。 ケンは無事中国から戻り、その翌週から高校の新学期。ジュニア(日本の高校2年生)になった。  エミはNJからシカゴに引っ越し、現在シカゴ市内のアパートに友人たちと一緒に住んでいる。感謝なことにフルタイムの仕 ...

 先週の木曜日から土曜日まで、弾丸でNJに行ってきた。長女が引っ越すのを手伝うため。彼女は仕事をいったん辞めて、大学院受験のためにシカゴに戻ってくる。 木曜日の朝6時半に家を出て、目的地に到着したのは夜9時過ぎ。(NJとシカゴは時差が1時間あるため、休憩時間 ...

 今年の夏の中村家は静かだ。子どもたちがいない。   エミはNJで仕事。  ま〜やはボストンで学校とアルバイト。  ケンは中国。 加えて、私と夫のそれぞれに、泊りがけの仕事がいくつか。  私は6月中旬のシカゴでのJCFN理事会、7月上旬のカリフォルニアでの修養 ...

↑このページのトップヘ