ミルトスの木かげで

シカゴ在住のキリスト教書翻訳者中村佐知(はちこ)のブログです。

 Tomokoさんから4日付の日記に、ケンスケの境界線は意識と訓練によって身に付いたというより、持って生まれた性格のような気がしますが、どう思いますか、また「境界線」と「怒り」の感情の関係についても意見を聞かせてください、というコメントをいただいきました。 ...

 土曜日は、朝ケンスケが起きれず、パパに起こされても「ボクは眠いから行かない」と言い放ったため、一日ケンスケとお留守番するはめになり、私のボーナスデーはお流れになった。もちろんケンスケのことは大好きだけど、この日ばかりはちょっとショックだった。(苦笑 ...

Six Flagsで見かけた怪しげな即席刺青屋。その名もずばり「ヘンナ・タトゥー」(写真1)。刺青の見本を店頭で見ていたら、漢字のページがあった(写真2)。まともな日本人だったら、絶対こんなフレーズで刺青入れないよな、というものばかりで、さすが看板に偽りなしで ...

 今日は午後からインディアナ・デューンズ(インディアナ・ジョーンズではありません… と,同じことを3年前にも書いたっけ)に行って来た。インディアナ州の州立公園に指定されているミシガン湖畔の砂浜で、うちから車で(道路工事をしていなければ)45分くらいの ...

 ケンはつくづくぼぼるパパの子だなぁと思う。工作が大好きで、いつも紙や竹ひごやテープやひもや箱や粘土などを使って、いろんなものを作っている。誰に教わったのだか、今日は十字に留めた棒に紙を張り、ひもをつけて「凧」を作った。適当に作ったものだから、もちろ ...

 うちの教会では「Ugly Tie Contest」などをやって遊んでいたら、日本では「クールビズ」なるノーネクタイ奨励のお達しが政府から出たそうで、男性たちは戸惑っておられるようですね。「クールビズ」というのは「かっこいいビジネス」という意味の起業家たちの造語なの ...

 ぼぼるパパは今、パスター・ウィルソンのvisitationに行っている。お葬式の前にもたれるお通夜みたいなもの。場所がここから片道3時間半かかるところで、時間は夕方からで帰りは夜中になる予定なので、私は子供たちとお留守番。  実は先週は、パスター・ウィルソ ...

 舌だけでなく目にも訴える食卓といえば日本食と相場が決まっているが、アメリカにも見た目が麗しく、口にしてしまうのがもったいない食べ物がないわけではない。たとえば、マクドナルドのフィレオフィッシュのパン(写真左)。このすべすべ感が何とも言えず、いい。あ ...

 夏至も過ぎて日は確実に短くなっているし、夕刻には芝生の上にホタルが群がる季節となった。しかし、暑さの方はまだまだ続きそう。昨日のシカゴは過去6年間で一番暑かったらしく、午後5時の気温が39度だった。その強い日差しのなか、定期気象観測に出かける大学院 ...

 先ほど教会から電話があり、パスター・ウィルソンの訃報を知らされた。膵臓ガンは早期発見が難しいうえに進行が早いと聞いていたが、本当に早かった。ガンと診断されてから、まだ一ヶ月も経っていない。ほんとだったら、あさっての日曜日には彼の教会を訪れて、再会を ...

 翻訳中の『12 "Christian" Beliefs That Can Drive You Crazy』に、「他者との絆作りは、私たちの最も深く、最も基本的な霊的・感情的必要です。神は関係を持たれるお方であり、私たちもまた関係を持つ存在として造られました(第一ヨハネ四・16)」という文章があっ ...

 エミのサマースクールが朝8時から始まるので、7時半過ぎに高校まで送り届ける。(高校の授業を新学期が始まる前に受講しているので。)戻って来てから、庭の芝に水を撒くためにスプリンクラーをつけた。操作を誤って頭から水をかぶってしまったが、今日も暑いのでそ ...

連日暑い。今日は午後になってますます気温が上がり、午後五時現在で摂氏36度。家の中にいる分には冷房が効いているけれど、それでも何だか身体がだるい。ここ数日、目まいと頭痛がして、翻訳がすっかり停滞している。 ...

 2ヶ月ほど前、うちの教会の2代前の牧師のパスター・ウィルソンから電話があり、ぼぼるパパと私に証と賛美をしに来て欲しいとお招きをいただいた。それで、今月26日にパスター・ウィルソンの教会を訪問することになっていた。ところが、彼は数週間前から突然体調を ...

↑このページのトップヘ