ミルトスの木かげで

シカゴ在住のキリスト教書翻訳者中村佐知(はちこ)のブログです。

 先週は、月曜日から金曜日の午前中まで、JCFNの理事会で留守にしていました。 普段はたいていカリフォルニアで理事会を持つのですが、今回はシカゴにて。ダウンタウンのバケーションレンタルハウスを借りて、理事六人と代表主事一人がそこに宿泊、ちょっとした缶詰状態で ...

今日は、教会暦では「三位一体の主日」と呼ばれる日曜日。終わりに、兄弟たち。喜びなさい。完全な者になりなさい。慰めを受けなさい。一つ心になりなさい。平和を保ちなさい。そうすれば、愛と平和の神はあなたがたとともにいてくださいます。聖なる口づけをもって、互いに ...

 明日は28回目の結婚記念日。今日は1日早く、お祝いのディナーに行ってきた。シカゴのムーディー聖書学院の近くにあるBistro Voltaire というお店。本当は、別のお店に予約を入れるはずだったのに、間違えてこちらに予約してしまったという。そして、お店に到着するまで ...

 芋虫はサナギになってから蝶に変わるけれど、サナギの中では芋虫の体の組織がいったん溶けてドロドロになって、それが新たな形(蝶)に形成し直されるのだそうだ。それを「変態(メタモルフォーシス)」と言うが、私たちがイエスに似たものに変容されると聖書が語るときに ...

 昨年秋に、裏庭のパティオを作り直したので、今年の春はいろいろ花を植えたり飾ったりして楽しんでいる。ガーデンセンターにちょくちょく足を運び、何かいい花がセールになってないかなと探す。(いつもセール品狙い。笑) パティオの隣に作った小さな畑には、日本のキュ ...

五旬節の日になって、みなが一つ所に集まっていた。すると突然、天から、激しい風が吹いて来るような響きが起こり、彼らのいた家全体に響き渡った。 また、炎のような分かれた舌が現われて、ひとりひとりの上にとどまった。 すると、みなが聖霊に満たされ、御霊が話させてく ...

 このたび、大頭眞一先生(日本イエス・キリスト教団 明野キリスト教会牧師)が「舟の右側」誌で連載しておられた「焚き火を囲んで聴く神の物語」が、12人の焚き火仲間の寄稿した文章(大頭先生が書かれた12の章のそれぞれに、寄稿者が応答するという形)と合わせて「対 ...

Photo credit: 渡辺勝さんTaken on May 21, 2017これは夫の顔をクロップしたわけではなく、最初からこういう構図。wウィルソンが私たち夫婦にもたらしてくれる安らぎと癒しに感謝。 ...

 少しお休みしていたブログですが、途中、教会暦に合わせた投稿は続けていたので、ほとんどお休みしていたことにならなかったですね。(汗) 昨年の秋から準備をしていた中西部JCFN主催のセントラルカンファレンス(CC)が、今年も祝福のうちに終わりました。今年はシアト ...

そこで、彼らは、いっしょに集まったとき、イエスにこう尋ねた。「主よ。今こそ、イスラエルのために国を再興してくださるのですか。」イエスは言われた。「いつとか、どんなときとかいうことは、あなたがたは知らなくてもよいのです。それは、父がご自分の権威をもってお定 ...

さて、そこでイエスは言われた。「わたしがまだあなたがたといっしょにいたころ、あなたがたに話したことばはこうです。わたしについてモーセの律法と預言者と詩篇とに書いてあることは、必ず全部成就するということでした。」そこで、イエスは、聖書を悟らせるために彼らの ...

(ブログ休みますと言った直後ですが、このシリーズだけは続けたほうがいいと思ったので…)これらのことを話している間に、イエスご自身が彼らの真ん中に立たれた。彼らは驚き恐れて、霊を見ているのだと思った。すると、イエスは言われた。「なぜ取り乱しているのですか。 ...

 しばらくブログをお休みします。 一時的なものなので、どうぞご心配なさらないでください。 いつも読みに来てくださっている方々には、心から感謝しております。 お一人おひとりの上に、私たちの良いお父さんである神様の祝福が豊かにありますように。  ...

 昨夜は、ケンの高校のバンドのジャズコンサートがあった。 その中から、ケンが入っていたジャズコンボによる演奏、"Take 5" 3:37あたりからケンの即興演奏があります。ケンはジャズ演奏は始めたばかりなので、大目に見てやってください…… ジャズの即興は、「まったく ...

↑このページのトップヘ