ミルトスの木かげで

シカゴ在住のキリスト教書翻訳者中村佐知(はちこ)のブログです。

 金曜日に、「舟の右側」に連載している記事の5月号用の原稿を編集者さんに送った。今回は「霊的識別」について書いた。そしたら、なんとこれから発売される4月号に、イエズス会の英隆一朗神父による「霊的識別」の講演をまとめた記事が掲載されるのだそうだ。昨年10月 ...

 今日はケンの16歳の誕生日。 毎回思うけれど、「早い!」  ケンは明日から、高校のバンドの演奏旅行でギリシャへ行く。10日間の旅。今夜のうちにスーツケースを高校に運び、ネームタグをつけたり、重量をはかったり。バンドのツアーなので、楽器がたくさんあって大 ...

ネットで見つけたレシピ。簡単で美味しそうなのでメモ。材料卵4つ (白身と黄身を分ける)室温で1tsp バニラエッセンス3/4カップ 砂糖8Tbsp 無塩バター (溶かす)3/4カップ 小麦粉(all purpose flour)2カップ  牛乳 (室温よりやや温かめ)粉砂糖少々 P ...

 2月中は春のように暖かかったシカゴなのに、今週は大雪が降った。 全部で30センチ以上積もったと思う。Lake effect snowといって、風向きのせいで湖の湿気を吸った空気が湖の反対側にどっさり雪を落とすという現象らしい。(違うかも。夫に聞かなくちゃわからない。) ...

(少しだけ春) アメリカ(のほとんどの州)は、今日から夏時間です。シカゴと日本の時差は14時間になりました。 今は日曜日の午後4時半で、太陽はまだまだ高いです。真冬のころは、4時半には日が暮れて真っ暗になってしまうのですが。その代わり、明日の朝起きるとき ...

 去年の秋ごろから、葉挿しや挿し木で植物を増やすことにはまっている。 これは去年の9月に葉挿しで増やし始めたアフリカンバイオレット。もう半年になるのに、これしか育ってない。でも、土に挿した一枚の葉っぱから、新しいベイビーの葉っぱたちが出てきたのだと思うと ...

 今日のシカゴはとても風が強い。窓の外で激しく揺れる木々を見ながら仕事をしている。 現在推敲中のSurprised by Hopeの最終章にあった、祈りに関する記述… 三つめの領域は祈りである。祈りには、「私たちはだれか、何か、自分を超えたものに対して開かれている」と思わ ...

 この数日、花に囲まれて過ごしている。 多くの方たちが花や、いろんなギフトをみんのために送ってくださった。  日曜日に来るはずだったEちゃんは、準備が間に合わなかったということで、昨日来てくれた。お花と、リラックマと、大きなクッキーと、スクラップブック(ア ...

パウロはローマ書8章で、被造物全体が贖われることを切望して、うめきとともに産みの苦しみをしていると主張している。被造物は良いものだが、神ではない。美しいが、その美しさはつかの間のものである。痛みの中にあるが、その痛みは神のお心の中に取り込まれ、新しい誕生 ...

 今日は、マイケル(みんのボーイフレンド)とマイケルのお母さんと三人でランチをしてきた。マイケルは私にとって盟友であり、みんに関していちばん思いを分かり合える人なので、今日一緒に時間を過ごすことができてよかった。泣いたり笑ったりしながら、静かで幸いなとき ...

 今日は婦人バイスタの日。現在ジェームス・スミスの「エクササイズ」を使っている。あと一章で終わり。 今日の学びももうすぐで終わりという昼の12時近くごろ、ケンからテキストメッセージが入った。「ボクのテナーサックスを学校に持ってきてくれる? 今すぐ必要なん ...

 今日は灰の水曜日。額に灰を塗って祈ってもらいたくて、今朝、夫と二人で近所のカトリック教会のミサに出席してきた。 メッセージの中で、40日間のレント(四旬節)のあとは、イースターが50日間続き、それからペンテコステ(五旬節)が来る、と言及されていて、そう ...

 先日、ある友人とスカイプで話した。まったりと会話する中で、話題が祈りや苦しみの意味、そして宣教に及んだ。最近、祈りについて、特にとりなしの祈りや請願の祈りについていろいろ考えていたので、そのあたりの私の思いを分かち合った。 祈りがかなえられれば、祈った ...

 先日、みんのお友達のヴァレリー(仮名)が手作りの石鹸を持ってきてくれた。彼女は最近、手作り石鹸を売るビジネスを始めたらしい。(彼女の手作り石鹸)  私はみんにヴァレリーという友達がいることは、みんが病気になるまで知らなかったのだけれど、ヴァレリーはみん ...

↑このページのトップヘ