ミルトスの木かげで

シカゴ在住のキリスト教書翻訳者中村佐知(はちこ)のブログです。

舟の右側誌の次号(今月末に発売)より、新連載『主とともに退く 〜リトリートへの招き』が始まります。「リトリート」で検索してみると、最近はセルフケアのためのリトリートが注目されているらしいことがわかります。日常から退いて、自分の心と体のケアをする必要に、多 ...

もう5年くらい前になるらしいけれど、アメリカのキリスト教雑誌、クリスチャニティー・トゥデイ誌が、新たなスローガンとして「Beautiful Orthodoxy」というものを掲げるようになったそうだ。私は今日初めて(!)それに関する記事を読み、感動したのでメモ。クリスチャニテ ...

昨日のお昼に、残り物で作ったリゾット。とても美味しくできたので作り方をメモしておく。でも、材料は計らずに、適当に入れたので、これはあくまでも目安。(四人分)バター 40gオリーブオイル 大さじ1
ニンニク みじん切り 30g  マッシュルーム (Baby Portabe ...

2週間ほど前、コロナパンデミックで自宅待機が続く中、運動不足になってはいけないと思い、友人とズームでエクササイズをした。ラジオ体操とストレッチ。とても気持ちがよく、その日は1日調子が良かった。ところが夜になり、いつものように机に向かって仕事をしている時、 ...

わからなくならないように、メモ。 DoubleTree Signature Cookie RecipeMakes 26 cookies½ pound butter, softened (2 sticks)¾ cup + 1 tablespoon granulated sugar¾ cup packed light brown sugar2 large eggs1 ¼ teaspoons vanilla extract¼ teaspoon freshly squee ...

 Grace-OnlineというeLearning講座(オンラインで提供される講座)で、2020年2月中旬から4月末まで、二期(各四週間)に渡り、『霊的形成の観点から見る境界線』という講座を担当させていただきました。これははnoteというwebサービスの有料マガジン機能を介して提供 ...

祈るあやめでなくてもいい空き地に生える雑草でも小さな石ころでもただ、注意を払って、それから紡ぐ二、三の言葉を あまり頑張らなくてもいいこれは競争じゃなくて入り口 だから感謝への、そしてほかの声が聞こえるかもしれない沈黙へのメアリー・オリヴァー ThirstよりPr ...

わが神、キリストよ、私たちのためにあなたの愛は死をもって注がれました。復活の日が明けるのを待つあいだ、私たちをあなたの御腕に抱いていてください。どうぞ私たちを慰めてください、地上のいかなる力も、死そのものでさえも、私たちをあなたの愛から引き離すことはない ...

(2)他者を愛することとマスクコロナパンデミックのさなか、マスクは有効なのかどうかが議論されている。日本や香港など、アジア諸国ではマスク着用は文化の一部でもあり、花粉症の季節になると、大勢の人がマスクをする。今回も、初期のころから当然のように皆がマスクを ...

(1)人が人に見えてくる今やアメリカでは国民の約9割がStay at home order (外出禁止令)下にある。テレワークできる職種の人は自宅からインターネットを使って仕事をし、会議などもオンライン。テレビのトークショーホストやジャーナリストも自宅から報道していたりする ...

(うちの教会の扉にはられたお知らせ)ズーム礼拝が始まってから4回目。今朝もとても励まされ、慰められました。うちの教会の方でコロナで入院していた高齢のご夫妻がおられ、奥さんは退院し、回復しておられるものの、ご主人は亡くなられ…(涙) その奥さんの姿も今日はズ ...

イリノイ州で外出禁止令が出されて、昨日で丸2週間になる。外出禁止令といっても、庭に出たり近所を散歩するのはかまわないし、スーパーやドラッグストア、郵便局や銀行、ガソリンスタンドなどは開いていて、食料をはじめとする生活必需品の買い出しは困らない。ただ、私が ...

 先日の記事でもちょっと言及したように、3月11日から16日まで、ハワイで「霊性のリトリート」に参加してきた。これは、半年以上前から企画されていたもので、日本から二組、ハワイから二組、アメリカから一組の牧師夫妻と、なぜか私が一人で参加した。(夫も来たかっ ...

神よ、朝まだ早くから 私はあなたの御臨在を求めます。あなたが私の前からいなくなってしまうからではありません。私のほうが、あなたの前からいなくなってしまうことがよくあるからです。あなたの永遠の住まいである、一瞬一瞬の時間のそのただ中で。太陽が昇り朝の色と形 ...

↑このページのトップヘ