ミルトスの木かげで

シカゴ在住のキリスト教書翻訳者中村佐知(はちこ)のブログです。

「慰めよ、慰めよ、わたしの民を。 ーーあなたがたの神は仰せられるーー エルサレムに優しく語りかけよ。 これに呼びかけよ。 その苦役は終わり、その咎は償われている、と。 そのすべての罪に代えて、 二倍のものを主の手から受けている、と。」 荒野で叫ぶ者の声が ...

 2ヶ月くらい前だったろうか、聖書学者のNTライトがシカゴ郊外にあるホイートン大学に来た。私は彼の講演を直接聴きに行けなかったけれど、そのときの彼のチャペルメッセージをオンラインで観ることができた。(ほかの二つの講演もYouTubeにアップされている。)今さらだけ ...

 今日のバイオラ大学のAdvent Projectのディボーションはとても衝撃的だったので、そこで紹介されていた詩を訳してみた。「修復」   メアリー・コーニッシュ水が上がってくることがあるのは、だれもが知っていた。しかし、どこまで高く上がるかは、だれにも分からなかっ ...

 教会暦では新年になりました。今年のレクショナリーはYear Bです。しかしその日、これらの苦難に続いて、太陽は暗くなり、月は光を放たなくなり、星は天から落ち、天にあるもろもろの力は揺り動かされます。そのとき人々は、人の子が雲のうちに、偉大な力と栄光とともに来 ...

 昨日は、私のスピリチュアルディレクションのセッションがある日だった。そのとき、私のディレクターに、「How are you entering into this Advent?」と聞かれた。 GriefとGratitudeの両方をホールドするということが、どうも今の私にとってのテーマのようなので、そのこ ...

 昨日は、大学病院に行って胸部レントゲンを撮ってきた。 実は、みんもお世話になったホスピスでボランティアをすることになり、それにあたり、結核がないことを証明する必要があっため。 本来なら皮膚でツベルクリン反応のテストをして、陰性であれば済むことなのだけれ ...

 昨日の土曜日は、JCFN中西部の感謝祭ミーティング&ディナー。 感謝祭ディナーを拙宅でホストするようになってから、何年になるだろう。 この家に引っ越してきて最初の数年(1992年〜)は、イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校の日本語バイブルスタディのみなさんをお招 ...

 アメリカは昨日は感謝祭だった。感謝祭は、日本のお正月のように、家族や親戚、友人で集まって、食べて笑って遊んでのんびりして、という日。ホリデーの中では感謝祭がいちばん好き、という人が多い。私も感謝祭、大好き。ただ、木曜日からの4連休にしかならないので、遠 ...

 昨日は、イリノイ音楽教育者協会主催のシカゴ地区音楽フェスティバルが、シカゴ西郊外で開かれた。イリノイ州を9つの地区に分け、それぞれの地区にある高校のオーケストラ、クワイヤ、バンドのメンバーがオーディションを受け、受かった生徒たちが、選抜オケ、バンド、クワ ...

 先々週のある日の夕方。 ケンをミュージカルのリハーサルのために高校に送り届けて、家に戻る途中、ふと空を見上げたら、突然雲の切れ間からみんの声を聞いた気がした。 格別美しいというほどの空でもなったが、寒々とした曇天が続いてた中で、久しぶりに雲間から青空が ...

 新改訳2017を読み進めている。レイアウトのせいか、活字のせいか、とても読みやすく感じる。句読点の位置やちょっとした表現がすっきり整理されたせいもあるかもしれない。 その中で、固有名詞の表記に変更があった箇所がかなりあることに気づく。新改訳2017のオフィシャ ...

 少し前に、スコット・マクナイトが"How to Teach the Church to read the Bible"というウェビナー(インターネット上で行われるセミナー)を行った。私の教会の若手牧師で、現在ノーザン神学校で新約聖書学をマクナイトのもとで学んでいるチャズ・ロビンズ牧師が司会をして ...

 昨日の晩は、ケンの高校の演劇部の秋のミュージカル公演を観てきた。 演目は「Sister Act(天使にラブソングを)」。 いや〜〜、とってもよかった!! 高校生とは思えないすばらしい歌とダンス。 よくもまぁこんなに歌って踊れて演技できる子たちが勢ぞろいしたものだ ...

 新改訳聖書三版の申命記6章で「心(heart)を尽くし、精神(soul)を尽くし、力(strength)を尽くして、あなたの神、主を愛しなさい」となっている箇所、また新約聖書では「心(heart)を尽くし、思い(soul)を尽くし、知性(mind)を尽くし、力(strength)を尽くして…」となってい ...

↑このページのトップヘ