ミルトスの木かげで

シカゴ在住のキリスト教書翻訳者中村佐知(はちこ)のブログです。

今から5年ほど前、Anglican Prayer Beadsと呼ばれる聖公会版ロザリオのようなものを使って祈ることを始めた。(そのときのブログ記事)母から受け継いだ翡翠のネックレスをほどいて作ったPrayer Beadsを使っていた。しかし一昨年だったか、糸が切れてバラバラになってしまい ...

今日は、ユージン・ピーターソンの"Eat This Book: A Conversation in the Art of Spiritual Reading"という本を読み終えた。聖書を「霊的に読む」ことに関する本なのだけれど、後半は、The Messageを翻訳するに至った経緯などが書いてあり、なかなか興味深かった。私の中で ...

素敵な引用を発見。まさにアーメン。 I have come to believe that the true mystics of the quotidian are not those who contemplate holiness in isolation, reaching godlike illumination in serene silence, but those who manage to find God in a life filled with ...

みなさまもご存知のように、次女みんの闘病中、このブログにその様子をずっと書き綴っていました。このブログを読んで、みんのために、私たち家族のために、お祈りしてくださっていたみなさんに、改めて心からの感謝を申し上げます。そして、みなさんにご報告したいことがあ ...

今日は聖霊降臨(ペンテコステ)後、第三週目の日曜日。この期間は、カトリック教会では「年間(Ordinary Time)」と呼ばれ、ペンテコステの後からアドベントまで続く。教会暦の中でいちばん長い期間。 私と夫は今年の2月から、米国聖公会(エピスコパル)教会へ行っている ...

  フラー神学校のウェブサイトから送られてくるニュースレターの中に見つけた記事。-Being Right Can Be Wrong: Why Christian Ethics Is More About Enacting The Beautiful Than About Taking A Stand(正しくあることが間違いであるときもある:キリスト教倫理とは、自 ...

私は今年の10月に一ヶ月日本に行く予定なのですが、そのとき、クリスチャンライフ成長研究会さんのお招きで、二度にわたって「霊的同伴とは」というタイトルでお話しをさせていただくことになりました。(同じものを二回ではなく、前半と後半になります。)日時 第一回目 ...

今年の母の日は、驚くべきことがありました。みんから花が贈られてきたのです!!!  これが配達されたとき、きっと娘たちからだろうと思ったのですが、確認すると、違うと。夫でもケンでもなく。ならばきっとみんの親友のEちゃんからだろうと、彼女に聞いてみたものの、彼 ...

 気がつくと、すっかりご無沙汰していました。二ヶ月ぶりです。  特に理由があったわけではなく、あえて言えば、5月から6月にかけては年度末で、ま〜やの大学の卒業式、ケンのプロムや高校の卒業式、JCFN中西部主催の恒例のセントランスカンファレンスがあったり、JCFN ...

(Sunrise from Sunrise Mass)今日のシカゴは最高のお天気でした。気温は25度Cほどに上がり、湿度が低く、とっても爽やか。午前中は夫とケンと三人で復活祭礼拝へ行き、ケンはその後アルバイトへ。私と夫は近所のホテルでイースターブランチ。テラス席に案内され、ほんとに ...

(バイオラ大学のレントプロジェクトより)Where are you, Jesus? I am in pain. I am confused. I am lost. All I know is darkness. Yet, I will be still. I will remember you promised resurrection. Even if it seems like the most impossible thing, I will trust yo ...

 昨年初めて知った「テネブレ礼拝」、今年はうちの近所のエピスコパル教会(米国聖公会)で実際に参加する機会に与った。 礼拝は基本的に詩篇、哀歌、ヘブル書などからの朗読。交互に読んだり、斉唱したり。読み進めるごとに、ろうそくの火を一つずつ消していく。あたりが ...

 先日、東京で雪が降って桜の上に積もった、というニュースを聞いて驚いていたら、昨日はシカゴもかなりの大雪となりびっくりした。(これは今朝) ケンは午後から大学訪問でNJに向かったのだけれど、案の定、空の便は大いに乱れ、ケンのフライトも約6時間の遅れ。午後2 ...

 今年のシカゴの冬は、例年以上に長かった気がする。四月に入ったばかりのときは、朝はまだ氷点下6度(!)なんていう日があった。それでも、空気は冷たくでも日差しは日を追うごとに春らしさを増し、この数日は気温もようやく暖かさを感じるようになった。(とはいえ、週 ...

↑このページのトップヘ